スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    科学研究費についていくつか

    昨今科学研究費に関する関心が高まっています。15年ほど前に5年かけて行われた大型科研「グローバリゼーション時代におけるガバナンス変容」(山口二郎教授代表、2002-2006年)にも注目が集まっているようです。良い機会なのでいくつか述べたいと思います。

    まず振り返ると、この時期、じつに活発に学術活動を行っていました。フレームワーク・セミナーという内部の研究会を立ち上げ、ガバナンスの概念から実際の統治形態の変容まで、夜遅くまで議論が続きました。それは、いまも血となり肉となって残っています。その内輪の議論は、公開のワークショップやシンポの下地にもなりました。ガバナンスの概念については、(当時初来日だった世界的な学者である)Philippe Schmitterを呼んで来たり、Guy Petersと議論したり。また、(故)Grant Jordanと地方分権について、Mike Douglasとケア労働者と親密圏のグローバル化について、またStefano BartoliniやMichael Keatingといった良質な学者を呼んで補完性原理やデモクラシーの変容について議論したり、といった具合です。私の担当はグローバル化の実態解明でもあったので、世界保健機関(WHO)関係者と感染症について公開ワークショップを開いたり、世界標準についてその形成過程に迫る研究会を組織したり、マネロンや海外送金あるいは東アジアの通貨協力についてヒアリングしたり、欧州統合の歴史的な分析に乗り出したりと、学問的な意味で、本当に自由に発想し、この分野の研究を進めるために、ありとあらゆることをやった時期だと感じています。その断片は、http://lex.juris.hokudai.ac.jp/global-g/symposium.htmlなどにまだ情報が残っています。

    次に、これらはいわゆる「やりっぱなし」ではなく、書籍やブックレットなど数多くの公刊物=パブリケーションにつながりました。これは成果を公開し、社会に還元するという意味で大切なことだと考えていましたし、いまもそうです。メンバーや協力者の専門が多岐にわたるのですべてを紹介できませんが、私の場合、一番記憶に残っているのは、あわせて1200頁を超える書籍である『ヨーロッパ統合史』『原典ヨーロッパ統合史』(名古屋大学出版会、2008年)です。これは、いまヨーロッパ政治外交(史)研究の中核を形成している研究者が油の一番乗った時期に、おそらく一世代は乗り越えられないであろう(世界的な)仕事をした実例だと自負しています。この研究は、本大型科研プロジェクトをはじめとする公的助成がなければ決してできなかったものです。他にも、先述したグローバル化研究は、『グローバル・ガバナンスの最前線』(東信堂、2008年)、『グローバル・ガバナンスの歴史と思想』(有斐閣、2010年)などの先駆的な研究成果につながりました。私の編著ではありませんが、緒方貞子・半澤朝彦編『グローバル・ガヴァナンスの歴史的変容―国連と国際政治史』(ミネルヴァ書房、2007年)もこの研究の成果です。以上は私の専門に近いものですが、他にも福祉ガバナンスやデモクラシーについて、多くの公刊物があります(英語での発表も含め、概ね以下にリスト化されていますhttp://lex.juris.hokudai.ac.jp/global-g/res_pub.html)。

    この共同研究プロジェクトの時期に店(幅)を拡げ、博士課程とは異なるもう一段深い蓄積をすることがなかったら、その後に取り組んだいくつかの主要業績、『統合の終焉』(2013年)、岩波シリーズ「日本の安全保障」(全8巻、2013-14年)、『欧州複合危機』(2016年)は不可能だったと確信しています。

    最後に、この研究プロジェクトは、若手研究者を育て、学術ネットワークを広げ、資料インフラを形作りました。ご迷惑になるかもしれませんので実名は記しませんが、Mさん、Tさん、Iさん、Hさんなどいまや学術界の中枢を担っておられる優秀な研究者を研究員等で採用し、博士号取得前後から就職までの(一般に若手にとって苦しい)時期に給料を出し、将来のキャリアにつなげる役割を果たしていました。またグローバル化研究ネットワークという世界的な組織にも創立時から参加し、そのつながりは今も残っています。さらに、ヨーロッパ統合史総覧や東アジア行政文書などの史料や大都市・地方に関する世論調査など、資料的なインフラ作りも前に進めました。

    こうした成果はそれなりのものだったのではと自分では考えていますが、客観的な評価は学術界、そして広く社会の手によってなされるべきと思います。ここでは、このファンドに恵まれたことによって現在の自分の研究や教育の基盤が形づくられたことに深く感謝していることを申し添えたいと思います。

    (了)
    スポンサーサイト

    欧州複合危機(中公新書、2016年)誤植・訂正

    以下、遠藤乾著『欧州複合危機』(中公新書、2016年)で、刊行後に見つかった誤植、表記ミスです。お時間見つけてご指摘くださった方には、心より感謝いたします。他にもございましたら、ご指摘いただければ幸いです。仮に重版になりましたら改定させていただきますが、当面ウェブ上で記して訂正させていただきます。

    022頁後ろから3行目、23頁1&9行目、27頁後ろから1&3行目(+年表2015-1、2015-8、2015-9):シリッツァ→シリザ
    023頁5行目:ヴァロファキス→ヴァルファキス
    053頁9行目:シリアに送還→トルコに送還
    085頁後ろから4行目:パキンスタン→パキスタン
    111頁9行目、118頁11行目:ファラージュ→ファラージ
    208頁後ろから3行目:その意味「の」おいては→「に」
    212頁3行目:「自由」が2回挙げられているので後者を削除
    247頁後ろから5行目、249頁5行目:ウィルダース→ウィルデルス



    国際政治講義マテリアル(北大、2016年後期)

    この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
    パスワード入力

    国際政治講義(北大、2016年後期)について

    北大にて国際政治講義の受講者の方々へ

    授業のパワポ・ファイルは、以下からダウンロードできます。
    掲示し、授業で配布するパスワードを使い、各自アクセスしてください。

    http://endoken.blog.fc2.com/blog-entry-100.html
    Profile

    遠藤 乾

    遠藤 乾 (えんどう けん)

    北海道大学法学部、法学研究科、公共政策大学院教授(国際政治)

    詳細プロフィール

    アクセス

    旧HP

    What's new
    Twitter
    Category
    三角山放送局
    Link
    QR-code
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。