スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    中村研一さんをお迎えして(遠藤乾のフライデースピーカーズ2012年10月26日)

    2012年10月26日(金)15~17時「遠藤乾のフライデースピーカー」は、北大法学部教授で国際政治が専門の中村研一さんと日本の安全保障、日中関係、領土問題について考えてみました。以下でダウンロードできます。
    http://www.sankakuyama.co.jp/podcasting/endo.html
    あるいはUstream画像付きで→http://www.ustream.tv/recorded/26436872

    中国の問題は、世界的な超大国になったのに、指導者層が弱者時代の記憶から逃れられず、内にいる社会的弱者と結び、容易に法の支配を危うくしてしまうこと。弱者の抗議は正義だが、強者の暴動は説明がつかず、単に怖い存在と思われてしまい、中国自身の利益にもならない。

    日本の問題は、これ(退屈な)ほど平和で安全な日本に耐えきれないこと。本当なリッチで立派な国なのに、なんだか不安に駆られてしまうこと。よくよく考えると世界第3位って、すごいし、うまくやれば1位と2位を操れる位置にいるはずなのに。

    日本の若者(およびオジサン方)は、日本カワイソー史観から脱却し、平和や安全という退屈に耐え、優雅な没落をエンジョイできるか。

    印象的でしたね。最後の中村氏の若者への問いかけは「日本が不幸だという人は、中国の人に、日中どちらに暮らしたいか聞いてごらん。相当数が日本て言うと思う。」

    ご関心の向きはどうぞお聴きください。
    スポンサーサイト
    Profile

    遠藤 乾

    遠藤 乾 (えんどう けん)

    北海道大学法学部、法学研究科、公共政策大学院教授(国際政治)

    詳細プロフィール

    アクセス

    旧HP

    What's new
    Twitter
    Category
    三角山放送局
    Link
    QR-code
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。