スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ユーロとTPP関連の最近の論考

    ユーロとTPP関係の最近の論考やインタヴュー記事は以下です。

    「論点スペシャル-ヨーロッパの行方-統合の利 今も大きい」(読売新聞 朝刊文化面、2011年12月5日)
     ユーロ危機を論じるインタビュー記事でした。下記のTPPにもつながる論点が顔をのぞかせています。

    「TPP参加でグローバル化と安全・環境は両立できる―賛否両極化を超えて」 (WEB RONZA 2011/12/05)
    http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/special/2011120200014.html
     賛否両極化のなかで問われるべき問いが立てられていない現状を指摘したうえで、EC域内市場の自由化の際にデンマーク(+ドイツ)が取った戦略(上方調和=Harmonize Upの原則)を引き合いに出し、日本の取るべき進路を考えてみました。瞬間風速的にWebronzaアクセス第4位に入ったとのこと。

    「核心 世界化する欧州危機 -盛り上がらぬ国際的協調」(毎日新聞朝刊、2011年11月28日)
    「世界化する欧州危機 -傍観の余裕ない主要国」(北海道新聞朝刊、2011年12月9日)(共同通信配信)

    そのほかにも、
    HBCラジオ「夕刊おがわ」12月7日電話インタヴュー。ロシア下院選について。
    HBCラジオ「夕刊おがわ」11月8日出演。TPPなど。
    次回の出演は、12月14日16時から16時45分です。
    http://radiko.jp/# でお聴きいただけます。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Profile

    遠藤 乾

    遠藤 乾 (えんどう けん)

    北海道大学法学部、法学研究科、公共政策大学院教授(国際政治)

    詳細プロフィール

    アクセス

    旧HP

    What's new
    Twitter
    Category
    三角山放送局
    Link
    QR-code
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。