スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    書評:遠藤乾『統合の終焉―EUの実像と論理』(岩波書店、2013年)

    これまでの拙書書評関係をまとめると以下になります。

    小川浩之評 東京財団政治外交検証プロジェクト、2013/10/25
    http://www.tkfd.or.jp/research/project/news.php?id=1202

    岩間陽子評「"未確認学術物体"の行きつくところ」毎日新聞/朝刊/11面、2013年7月28日

    渡辺靖評「柔軟で奥深い多面的な政治体」朝日新聞/朝刊/12面、2013年6月23日
    http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2013062300003.html

    根井雅弘評「多元的な視点から欧州連合を語る」日本経済新聞/朝刊/21面、2013年6月16日
    http://www.nikkei.com/article/DGXDZO56249850V10C13A6MZA001/

    井上義朗評「EUとしての連携を可能にした「補完性原理」の幸運な誤解」『週刊ダイアモンド』2013年6月15日

    新書論壇「遠藤乾・北大教授、初の単著『統合の終焉』―EU 生き延びる多元多層」読売新聞朝刊9面、2013年5月20日
    http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20130520-OYT8T00979.htm
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Profile

    遠藤 乾

    遠藤 乾 (えんどう けん)

    北海道大学法学部、法学研究科、公共政策大学院教授(国際政治)

    詳細プロフィール

    アクセス

    旧HP

    What's new
    Twitter
    Category
    三角山放送局
    Link
    QR-code
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。