スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    最近の論考等

    最近の論考等は以下です。

    (書籍)
    遠藤乾編『ヨーロッパ統合史』増補版、2014年 http://wp.me/p4aFGr-1z

    (論文)
    ・「国内連帯とグローバル化」御厨貴・飯尾潤編『災後の文明』阪急コミュニケーション、2014年、305-327頁。
    ・「ヨーロッパ統合に向けて―起点としての第一次大戦」『現代の起点・第一次世界大戦 4 遺産』岩波書店、2014年7月。
    ・「1980年代のヨーロッパ」南塚信吾・秋田茂・高澤紀恵編『新しく学ぶ西洋の歴史』ミネルヴァ書房、近刊(ずいぶん前に脱稿済み、これはいつ出るんでしょう?)。

    (研究発表等)
    ・「EU研究の意義と射程―『統合の終焉』(遠藤乾著)から始める―」(書評会)、九州大学EUIJ、福岡、2014年4月12日
    ・‘Changing Contexts of Japan’s Security – In search of new agendas,’ MTST, Murfreesboro, TE, April 28, 2014.
    ・コメント「圏域の政治思想」(西平等「秩序の閾:非地政学的思考としてのカール・シュミット圏域理論」、石井知章「東亜協同体論におけるマルクス主義の思想的位置」、山下範久「国際関係論と領域主義」)政治思想学会、関西大学、大阪、2014年5月24日
    ・「国内連帯とグローバル化」サントリー財団「震災後の日本に関する研究会公開フォーラム―「災後」の文明」、国際文化会館、東京、2014年5月26日

    (新聞雑誌等)
    ・(インタビュー)「欧州から考える日中 北海道大学教授・遠藤乾さん」『朝日新聞』2014年5月1日朝刊 
    http://t.asahi.com/emcb
    ・「私の3編―異彩放つグローバル人材論」『読売新聞』2014年4月28日朝刊

    (テレビ)
    ・2014年5月19日テレビ朝日報道ステーション:「独仏「和解の地ヴェルダン」コールミッテランの「思惑」」第1次大戦の100周年 に独仏激戦地ヴェルダンから生中継。ストラスブールでの独仏共通教科書取材にも同行。http://o.x0.com/m/35235
    ・2014年2月24日BSフジ・プライムニュース:『TPP交渉の行方は 日本の国際交渉力検証』【ゲスト】畠山㐮 元通産審議官  国際貿易投資研究所理事長、松原隆一郎 東京大学大学院教授、遠藤乾 北海道大学大学院法学研究科教授と。 
     http://www.bsfuji.tv/primenews/text/txt140224.html

    (ラジオ)
    ・「ヨーロッパと日本の和解と安全保障について」三角山FM遠藤乾のフライデースピーカーズ、2014年5月30日
     http://www.sankakuyama.co.jp/podcasting/endo.html
    ・HBCラジオコメント、5月29日、4月3日。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Profile

    遠藤 乾

    遠藤 乾 (えんどう けん)

    北海道大学法学部、法学研究科、公共政策大学院教授(国際政治)

    詳細プロフィール

    アクセス

    旧HP

    What's new
    Twitter
    Category
    三角山放送局
    Link
    QR-code
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。