スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    論壇講評「私の3点」(読売新聞10月27日付文化面)

    読売新聞10月27日付文化面に掲載された論壇講評「私の3点」は以下。

    ① 木村幹「朝日報道は実際、韓国にどのような影響を与えたか」『中央公論』2014年11月号
    ② 池内恵x山形浩生「「イスラーム国」に集まる人々」『公研』2014年10月号
    ③ 有田芳生x北原みのりx山下英愛「私たちの社会は何を「憎悪」しているのか」『世界』2014年11月号

     今月は、朝日新聞の誤報に関する特集が多く組まれた。池に落ちた犬を叩けと言わんばかりのものも多く散見される中、日韓関係史が専門の木村氏は、①で朝日新聞報道が韓国に与えた影響を実証的に分析している。同氏は、その報道が吉田清治証言の周知や慰安婦=挺身隊という等置に寄与したものではないとする一方、1992年1月の日韓首脳会談直前にスクープされた「軍関与を示す資料」が、日本政府による「闇雲な「謝罪外交」」につながり、基本条約で決着済みとする立場から逸脱して日韓が対立を深める構造の起点となったと見る。
     ②は、イスラーム国を歴史・思想的に掘り下げる対談。やることは無茶だが、コーランに依拠し、反体制派の若者の自発性を引き出す9・11後のイスラーム運動の広がりに対し、「がん」の類推による外科的な対応より、「ミクシー」の盛衰に見て取れるような情報学論の視座が有効と説く。
     ③で有田氏は、現在のヘイトスピーチの背後に、戦後の日本がよく知らない加害や被害の経験があるとし、「経験を欠いた欲望が無闇に亢進する」(藤田省三)抑制なき時代の到来に警笛を鳴らす。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Profile

    遠藤 乾

    遠藤 乾 (えんどう けん)

    北海道大学法学部、法学研究科、公共政策大学院教授(国際政治)

    詳細プロフィール

    アクセス

    旧HP

    What's new
    Twitter
    Category
    三角山放送局
    Link
    QR-code
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。